読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○な時に書くやつ

めちゃくちゃな文章でいろんなことが書かれてあるヤツです。楽しい気分のときに読んでみてください

『夫のちんぽが入らない』を読みました

f:id:WALKMAN220:20170128170138j:plain

Amazon CAPTCHA

 

「いきなりだが、夫のちんぽが入らない。」

 

こんな一節から始まるエッセイを読みました。

 

ーーー

 

おどけた言い回し、1mくらい離れたところから語り掛けてくるような文体、

ささくれたユーモア。

一言でいうと「読みやすいせつなさ」。

 

ーーー

 

すっごく面白かった。

自然と笑えるし、ふわふわ泣ける作品です。

 

たぶんコレ、映画化するんだろうなぁ...

 

ーーー

 

人はだれしも言い出し得ない「哀しい出来事」を内に秘めているものだし、

僕だってそう。

 

誰でも過去にすごい絶望を感じて、いまだにそれを抱え込んで生きているものだし、

僕だってそう。

 

「めちゃくちゃ辛いことが重なっても、周りの人よりできてなくても、何事から逃げていても、なんにも理解できなくても、生きていていい」

 

というメッセージめいたものを読んでいて感じました。

 

『夫のちんぽが入らない』、老若男女におススメ!

 

ーーー

 

書店に赴いて、「スミマセン、『夫のちんぽが入らない』っていう本探してるんですけど」と言うのはけっこう勇気が要る。