読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○な時に書くやつ

めちゃくちゃな文章でいろんなことが書かれてあるヤツです。楽しい気分のときに読んでみてください

気管支炎とYogee New Waves

咳がひどい。

なんかずっと悪い咳が出る。

1回“肺炎”をやったことあるので

それ以来呼吸器系の病に恐怖を抱いている

でもそのかわり

今回は肺炎じゃないことだけはなんとなくわかる

ーーー

空気が悪い。

あ、いや「読む」方の空気じゃなくて、単純に、あの、循環する、大気とかそういった系の空気が悪い。

ホコリっぽいというか、カビっぽいというか

この春に入社した会社がまさにホコリ。

別に誇りとダブルミーニングしてるわけでもない

ーーー

ちょっと大事をとって半休をもらって病院に

やっぱり新入社員というのは如何なる場合でも「環境の劇的変化」が伴うので

ストレスを感じずにはいられないー!

てなわけで

ちょっと治まりつつもあったけども

新人の特権を行使して少しお休み。

こんな時に聴くThe Strokesはめちゃくちゃ良いなぁ

軽いストレス×曇天×元気ない×ローファイ

心地よい!

ーーー

ここから音楽の話をします

ーーー

【予防線】
ここから下の話は、読んでいただくと分かるんですけども「いやソレお前もやないか」と思うこと間違いなしの文章なので、どうか気を立てずに読んでいただきたいれす

割と堂々巡りな話なのでそんなに気にすることでもないです。なんとなくそう思ったよ、くらいなモンです

ーーー


前段として、この記事を読んでいただきたい。

上記の記事の内容はざっくり言うと、
『Yogee New Wavesはなぜ若者にウケたのかを考えてみた』
みたいなカンジです

そして今から記事に関する批判を書いていきます。

でも、でもでも、このポータルサイトのライターさんが書く記事はとっても面白いので読んだことのない皆さんもぜひ読んでみてほしいです

ーーー

いま、「チョット斜に構えた若者」を中心に人気を集めているバンド、Yogee New Waves(ヨギーニューウェーブス)。

なぜ彼らが若者にウケてるのか分析してみたーーみたいな内容が上記記事の要旨ですが

読んでみて率直に

『そんなのヨギーのファンはみんな感じてることだろ?』

と思いました。

ーーー

Yogee New Wavesを知らない新規の方に読ませる記事ならその要旨でも納得するんですが

「分析」めいた書き方で、ファンの9割が感づいてることを連ねられても

いや全然おもんないなコレ、としか思えない

ーーー

なんというか、「意外性」みたいなのを感じなかったのと

あといろいろ考えを巡らせといて、結局「大衆(ここでいうヨギーのファン)の考え」から逸脱できてない上、なんのアプローチにもなってない、ってのは、その、どーなんスかね?

みたいな風に感じました。

ーーー

シティポップ、って言葉の説明がつかない事とか

はっぴいえんどの流れを汲んでるとか

歌詞の内容が今の若者に寄り添う形になってるとか

ファッション性とか

そのへんは、なんというか、ヨギーのファンは薄々気づいてて、それを前提にしてヨギーを聴いてるんじゃないかな?

ということは記事で語られていることは、いわゆるリマインダなだけで何か別の結論を導くものにはなってないのでは?


強く感じたわけです

ーーー

とにかく上記記事には「はーなるほど!」みたいなモノが無くって

「ウンそうだね」で終わってしまうような

記事としての旨みがアホほど無いように思うんです

ーーー

それなら今後はこうなっていくだろう、とか

今後はこうあるべき、みたいな

そんな結論があればすごく面白くなる気がする

ーーー

自論が展開されているように見えて

実はオリジナリティが一切ない

それじゃダメでしょー、というのが

今回の僕の所感です。